臨床に役立つ筋膜リリースセミナー

臨床に役立つ筋膜リリースセミナー

ロルフィングの元となり、アイダ・ロルフが考案した「Structural Integration」

その考え方や筋膜への徒手技術を、臨床の現場へ応用する形でお伝えしていきます。

姿勢が原因となる疼痛や非効率な代償動作を

局所への介入ではなく筋膜の繋がり(姿勢)から根本的な解決を考えていきます。 

セミナー内容

筋筋膜の繋がりから臨床への応用を学んでいきます。

・表層の筋膜の繋がりと呼吸

・足底から背部への筋膜の繋がり

・側面の筋膜の繋がり

・下肢内側から骨盤帯への深部の繋がり

・腸腰筋から横隔膜、縦隔、頸部への深部の筋膜の繋がり

・骨盤帯の筋膜の繋がりと骨盤底

・頸部から口腔、頭蓋への筋膜の繋がり

全7回、順不同で受講頂けます。

Rolf-Conceptの筋膜リリース

筋膜リリースの特徴

Rolf-Concept.labがお伝えする筋膜リリースの特徴

痛みが少ない
筋膜の特性を利用した筋膜リリースを行うため、痛みの少ない介入を行えます。
筋膜の特性を利用
可塑性、水和作用、感覚入力を使った筋膜リリースお伝えしています。
臨床への応用
機能解剖学、運動学を考慮した介入をお伝えするため直ぐにでも臨床へ応用することができます。
道具を使わない
手指、拳、前腕で行う介入方法をお伝えしています。
膜の繋がり
筋膜の並列、直列の繋がりを考慮した介入方法をお伝えしています。
How toでは無く Concept
やり方では無く考え方をお伝えするので、局所への介入からアライメント、姿勢の改善に応用することができます。

開催セミナー

お申し込み

その他のセミナー